お問い合わせ 今すぐ始める
Qiita Conf24_Header_3600x1200

PingCAP、日本最大級のエンジニアコミュニティ「Qiita」によるテックカンファレンス「Qiita Conference 2024」に協賛

PingCAP株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:Eric Han、以下 PingCAP) は、日本最大級のエンジニアコミュニティ「Qiita」が開催するエンジニア向けのテックカンファレンス「Qiita Conference 2024」に協賛します。本イベントは2024年4月17日(水)〜19日(金)の3日間に渡って開催され、ゲストスピーカーによる基調講演、参加各社のセッションによって技術的な挑戦や積み重ねてきた知見が共有されます。
PingCAPのスポンサーセッションでは、株式会社VoicyのSRE/バックエンドエンジニアである千田航己氏をお招きし、NewSQLデータベースのTiDBを採用した経緯についてご紹介いただきます。

[開催概要]

名称 :Qiita Conference 2024
日時 :2024年4月17日(水) 〜 19日(金) 
形式 :オンライン配信
主催 :Qiita株式会社
参加費 :無料 (事前登録制)
URL :https://qiita.com/official-campaigns/conference/2024

[スポンサーセッション概要]

日時:2024年4月18日(木) 18:50 〜 19:15
セッション名:音声プラットフォームVoicyがTiDBを検証し採用に至るまで

セッション概要:
TiDBはMySQLと互換性のあるNewSQLデータベースです。国内発の音声プラットフォームであるVoicyでは、サービスの成長に伴い、事業上重要なメインのRDBをパフォーマンス/コストの両面から改善する必要がありました。その際の選択肢としてTiDBを検討し、十分な性能が見込めると判断できたため採用を決めました。本セッションでは、MySQL互換の有効性の検証や、本番環境のトラフィックに耐えるための負荷検証など、Voicyがどのような技術検証を行ってTiDBの採用に至ったのかを紹介します。

株式会社Voicy
SRE/バックエンドエンジニア 
千田 航己 氏

株式会社Voicyのソフトウェアエンジニア。楽天にてオンライン決済システムの開発・運用に携わったのち、Voicyのヘビーリスナーを経て、2021年12月にVoicyに入社。モバイルアプリのバックエンドAPIや、通知・音声処理等の基盤システムを開発する。また、KubernetesやAWS上の各種リソース管理、モニタリング、CI/CDの整備等も担当。
最近の趣味は将棋とギターとオムライス作り。

[登壇企業]

[Qiita Conference 2024 期間限定キャンペーン]

TiDBセッションへ参加&TiDB Serverlessにサインアップされた方に、TiDBのオリジナルTシャツをプレゼントいたします!
キャンペーン期間は2024年3月25日(月)〜4月19日(金)17:00までとなります。数に限りがございますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。なお、TiDB Serverlessのご登録が2024年4月17日以前の方も対象となります。

申込方法

  1. 2024年4月18日(木) 18:50からのPingCAPスポンサーセッション「音声プラットフォームVoicyがTiDBを検証し採用に至るまで」へご参加ください。
  2. TiDB Serverlessへご登録の上、サインアップを行います。
  3. こちらのGoogleフォームから 1) お届け先、および、2) TiDB Serverlessにご登録いただいたメールアドレス、などをご入力ください。
  4. お申し込みいただいた順番でご提供いただきましたお届け先にTシャツを郵送いたします。発送までにお時間を要しますのであらかじめご了承ください。なお、ご提供いただきました情報に誤りがあった場合は郵送が出来かねますのでご注意ください。

対象者

  • 日本に在住するエンジニアの方
  • 2024年4月18日(木)18:50からのPingCAPスポンサーセッションへご参加された方
  • TiDB Serverlessにご登録いただいている方

TiDB Serverlessとは?

TiDB Serverlessは、分散型のNewSQLデータベースTiDBの一部として提供されるサービスの一つです。TiDBは、水平にスケーラブルで分散されたアーキテクチャを採用し、トランザクション処理と分析処理の両方に対応することができ、TiDBをクラウド上で利用できるTiDB Serverlessは、以下のような特徴を備えています。

【TiDBサーバーレスの特徴】
  • 自動スケーリング:負荷や需要に基づいて自動的にリソースをスケーリングします。これにより、アプリケーションの要件に合わせて柔軟にリソースを利用できます。 
  • コスト効率の最適化:クエリの実行に応じてリソースが自動的にスケーリングされるため、必要なときだけリソースを利用することができ、コストを最適化できます。 
  • セキュリティと信頼性:TiDBは分散型のデータベースであり、データの冗長性や耐障害性を確保するために設計されています。また、PublicエンドポイントとAWS PrivateLinkの両方をサポートし、セキュアに接続して利用することが可能になっています。
  • クラウドネイティブ:TiDB Serverlessはクラウドネイティブなデータベースサービスで、AWS上で動作します。そのため、AWS LambdaをはじめとしたAWSサービスとの統合が容易です。

※本ニュースリリースに記載されている会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。