Apache 2.0ライセンスの下でリリースされ、コミュニティによってサポートされているオープンソースのTiDBプラットフォーム。

TiUPを使用してベアメタルにTiDBをデプロイする

フルドキュメントの参照

TiUPは、TiDBクラスターの展開を容易にするクラスター運用および保守ツールです。 下記のコマンドは、TiUPの”playground” コンポーネントを使用して単純なローカルクラスターをデプロイします。

TiUPを使用して複数のホストにクラスターを展開する方法の詳細については、TiUPのドキュメントを参照してください。

1. Deploy TiDB

tiup playground

2. Access TiDB

mysql –host 127.0.0.1 –port 4000 -u root

KubernetesにTiDBをデプロイする

フルドキュメントの参照

TiDBはTiDB Operatorを使用してKubernetes環境に、簡単にデプロイすることができます。これらのコマンドはTiDB Operator CRDを既存のKubernetesクラスターにインストールし、基本的なTiDBクラスターをデプロイします。デプロイメントをカスタマイズする方法の詳細については、TiDB Operator のドキュメントを参照してください。

1. Install TiDB Operator

$ kubectl apply -f https://raw.githubusercontent.com/pingcap/tidb-operator/{tidb-operator version}/manifests/crd.yaml
$ helm repo add pingcap https://charts.pingcap.org/
$ helm install tidb-operator pingcap/tidb-operator –version {​tidb-operator version}

2. Deploy TiDB and TiDB Monitor

$ kubectl apply -f https://raw.githubusercontent.com/pingcap/tidb-operator/master/examples/basic/tidb-cluster.yaml
$ kubectl apply -f https://raw.githubusercontent.com/pingcap/tidb-operator/master/examples/basic/tidb-monitor.yaml

3. Access the database

$ kubectl port-forward svc/basic-tidb 4000 > pf4000.out &
$ mysql -h 127.0.0.1 -P 4000 -u root

AWS EKSにTiDBをデプロイする

フルドキュメントの参照

TiDBはTiDB Operatorを使用してAWS EKSに簡単にデプロイすることができ、EKSインフラストラクチャを管理できます。これらのコマンドは基本的なEKSクラスターを作成し、TiDB Operatorをインストールして、TiDBクラスターをデプロイします。デプロイメントをカスタマイズする方法の詳細については、TiDB Operatorのドキュメントを参照してください。

1. Deploy EKS, TiDB Operator, and TiDB cluster node pool

$ git clone –depth=1 https://github.com/pingcap/tidb-operator && cd tidb-operator/deploy/aws
$ cp demo.tfvars terraform.tfvars
$ terraform init
$ terraform apply

2. Deploy TiDB cluster and monitor

$ sed "s/CLUSTER_NAME/${cluster_name}/g" manifests/db.yaml.example > db.yaml
$ sed "s/CLUSTER_NAME/${cluster_name}/g" manifests/db-monitor.yaml.example > db-monitor.yaml
$ kubectl –kubeconfig credentials/kubeconfig_${eks_name} create -f db.yaml
$ kubectl –kubeconfig credentials/kubeconfig_${eks_name} create -f db-monitor.yaml

3. Access the database

$ ssh -i credentials/${eks_name}.pem centos@${bastion_ip}
$ mysql -h ${tidb_lb} -P 4000 -u root

GCP GKEにTiDBをデプロイする

フルドキュメントの参照

TiDBはTiDB Operatorを使用して、GCP GKEに簡単にデプロイできます。これらのコマンドは、基本的なGKEクラスターを作成し、TiDB Operatorをインストールして、TiDBクラスターをデプロイします。デプロイメントをカスタマイズする方法の詳細については、TiDB Operatorのドキュメントを参照してください。

1. Deploy GKE, TiDB Operator, and TiDB cluster node pool

$ git clone –depth=1 https://github.com/pingcap/tidb-operator && cd tidb-operator/deploy/gcp
$ cat small.tfvars >> terraform.tfvars
$ terraform init
$ terraform apply

2. Deploy TiDB cluster and monitor

$ sed "s/CLUSTER_NAME/tidb-cluster/g" manifests/db.yaml.example > db.yaml
$ sed "s/CLUSTER_NAME/tidb-cluster/g" manifests/db-monitor.yaml.example > db-monitor.yaml
$ kubectl –kubeconfig credentials/kubeconfig_${gke_name} create -f db.yaml
$ kubectl –kubeconfig credentials/kubeconfig_${gke_name} create -f db-monitor.yaml

3. Access the database

$ gcloud compute ssh ${gke_cluster_name}-bastion –zone ${zone}
$ mysql -h ${tidb_lb} -P 4000 -u root

PingCAPによって提供される有償サポートを備えたTiDBプラットフォーム

  • ベンダーロックインなし
  • 24時間365日のエンタープライズグレードのサポート
  • 技術トレーニングとコンサルティング
  • 最新のセキュリティ拡張機能を備えた安定したリリース

フルマネージド型のDatabase-as-a-Service(DBaaS)は、TiDBの優れた機能をすべてクラウド上で使用することができます。お客様はデータベースの複雑さを気にすることなく、アプリケーションに集中することができます。 AWSとGCPで利用することが出来ます。

  • 簡単な導入方法
  • 常に最新バージョン
  • 高信頼性、安全性
  • 視覚的な診断と監視が可能
  • スケジュールされたバックアップ
コミュニティエディション

Apache 2.0ライセンスの下でリリースされ、コミュニティによってサポートされているオープンソースのTiDBプラットフォーム。

TiUPを使用してベアメタルにTiDBをデプロイする

フルドキュメントの参照

TiUPは、TiDBクラスターの展開を容易にするクラスター運用および保守ツールです。 下記のコマンドは、TiUPの”playground” コンポーネントを使用して単純なローカルクラスターをデプロイします。

TiUPを使用して複数のホストにクラスターを展開する方法の詳細については、TiUPのドキュメントを参照してください。

1. Deploy TiDB

tiup playground

2. Access TiDB

mysql –host 127.0.0.1 –port 4000 -u root

KubernetesにTiDBをデプロイする

フルドキュメントの参照

TiDBはTiDB Operatorを使用してKubernetes環境に、簡単にデプロイすることができます。これらのコマンドはTiDB Operator CRDを既存のKubernetesクラスターにインストールし、基本的なTiDBクラスターをデプロイします。デプロイメントをカスタマイズする方法の詳細については、TiDB Operator のドキュメントを参照してください。

1. Install TiDB Operator

$ kubectl apply -f https://raw.githubusercontent.com/pingcap/tidb-operator/{tidb-operator version}/manifests/crd.yaml
$ helm repo add pingcap https://charts.pingcap.org/
$ helm install tidb-operator pingcap/tidb-operator –version {​tidb-operator version}

2. Deploy TiDB and TiDB Monitor

$ kubectl apply -f https://raw.githubusercontent.com/pingcap/tidb-operator/master/examples/basic/tidb-cluster.yaml
$ kubectl apply -f https://raw.githubusercontent.com/pingcap/tidb-operator/master/examples/basic/tidb-monitor.yaml

3. Access the database

$ kubectl port-forward svc/basic-tidb 4000 > pf4000.out &
$ mysql -h 127.0.0.1 -P 4000 -u root

AWS EKSにTiDBをデプロイする

フルドキュメントの参照

TiDBはTiDB Operatorを使用してAWS EKSに簡単にデプロイすることができ、EKSインフラストラクチャを管理できます。これらのコマンドは基本的なEKSクラスターを作成し、TiDB Operatorをインストールして、TiDBクラスターをデプロイします。デプロイメントをカスタマイズする方法の詳細については、TiDB Operatorのドキュメントを参照してください。

1. Deploy EKS, TiDB Operator, and TiDB cluster node pool

$ git clone –depth=1 https://github.com/pingcap/tidb-operator && cd tidb-operator/deploy/aws
$ cp demo.tfvars terraform.tfvars
$ terraform init
$ terraform apply

2. Deploy TiDB cluster and monitor

$ sed "s/CLUSTER_NAME/${cluster_name}/g" manifests/db.yaml.example > db.yaml
$ sed "s/CLUSTER_NAME/${cluster_name}/g" manifests/db-monitor.yaml.example > db-monitor.yaml
$ kubectl –kubeconfig credentials/kubeconfig_${eks_name} create -f db.yaml
$ kubectl –kubeconfig credentials/kubeconfig_${eks_name} create -f db-monitor.yaml

3. Access the database

$ ssh -i credentials/${eks_name}.pem centos@${bastion_ip}
$ mysql -h ${tidb_lb} -P 4000 -u root

GCP GKEにTiDBをデプロイする

フルドキュメントの参照

TiDBはTiDB Operatorを使用して、GCP GKEに簡単にデプロイできます。これらのコマンドは、基本的なGKEクラスターを作成し、TiDB Operatorをインストールして、TiDBクラスターをデプロイします。デプロイメントをカスタマイズする方法の詳細については、TiDB Operatorのドキュメントを参照してください。

1. Deploy GKE, TiDB Operator, and TiDB cluster node pool

$ git clone –depth=1 https://github.com/pingcap/tidb-operator && cd tidb-operator/deploy/gcp
$ cat small.tfvars >> terraform.tfvars
$ terraform init
$ terraform apply

2. Deploy TiDB cluster and monitor

$ sed "s/CLUSTER_NAME/tidb-cluster/g" manifests/db.yaml.example > db.yaml
$ sed "s/CLUSTER_NAME/tidb-cluster/g" manifests/db-monitor.yaml.example > db-monitor.yaml
$ kubectl –kubeconfig credentials/kubeconfig_${gke_name} create -f db.yaml
$ kubectl –kubeconfig credentials/kubeconfig_${gke_name} create -f db-monitor.yaml

3. Access the database

$ gcloud compute ssh ${gke_cluster_name}-bastion –zone ${zone}
$ mysql -h ${tidb_lb} -P 4000 -u root

エンタープライズサブスクリプション

PingCAPによって提供される有償サポートを備えたTiDBプラットフォーム

  • ベンダーロックインなし
  • 24時間365日のエンタープライズグレードのサポート
  • 技術トレーニングとコンサルティング
  • 最新のセキュリティ拡張機能を備えた安定したリリース
TiDB Cloud

フルマネージド型のDatabase-as-a-Service(DBaaS)は、TiDBの優れた機能をすべてクラウド上で使用することができます。お客様はデータベースの複雑さを気にすることなく、アプリケーションに集中することができます。 AWSとGCPで利用することが出来ます。

  • 簡単な導入方法
  • 常に最新バージョン
  • 高信頼性、安全性
  • 視覚的な診断と監視が可能
  • スケジュールされたバックアップ