カプコンが柔軟にスケールするマネージドDBとしてTiDB Cloudを選んだ理由

株式会社カプコンは、全世界累計8,500万本超の大ヒットゲーム『モンスターハンター』シリーズ(2022年7月13日時点)、サバイバルホラーゲーム『バイオハザード』シリーズなど、個性あるタイトルを全世界でヒットさせているエンターテインメント企業です。同社のCS制作統括デジタルサービス企画部デジタル基盤部インフラ基盤チームはインフラ担当としてゲームシステムを支えるサーバーやネットワークの設計、構築、運用をワンストップで行っています。近年ではゲームコンテンツのオンライン配信やグローバル化が進み、パブリッククラウドサービスを積極的に活用しています。

彼らは新オンラインゲームのコア部分をGoogle Cloud Platform(GCP)上に構築することを決定し、データベースの検討を開始しました。オンラインゲームのデータベースは想定外のユーザーの増加、シナリオやアイテム、突発的なキャンペーンやイベントの追加など、当初の想定を超えた拡張を迫られることもあるため、高い柔軟性が求められます。そしていくつかの選択肢から、MySQL互換でマネージドサービスのTiDB Cloudが実運用に耐えられると評価し導入を決定しました。

続きは、パンフレットをダウンロードしてご覧ください。

 

お問い合わせ:
ご不明な点などございましたら、 03-6822-8749 または pingcapjp@pingcap.com にお気軽にお問い合わせください。