お問い合わせ 今すぐ始める
PR_TiDB Training_3600x1200

PingCAP株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:Eric Han、以下 PingCAP) は、今後ますます需要が高まることが予想されるデータベース市場において、データベース管理者、アーキテクト、アプリケーション開発者などのニーズに応えるため、NewSQLデータベース「TiDB」および「TiDB Cloud」の公式オンライントレーニングの提供を開始することをお知らせいたします。これにより、日本のエンジニアや開発者がより手軽にTiDBを学び、活用することができるようになります。

TiDBは、MySQLやPostgreSQLなどの従来のリレーショナルデータベースと同様にSQLを使用してデータにアクセスすることが可能です。分散型のアーキテクチャにより、高可用性やスケーラビリティに優れています。また、オープンソースであることから、コミュニティによる開発や改善が盛んに行われており、多くの企業や開発者によって採用されています。また、TiDB Cloud Serverless Tierは、TiDB Cloudのスケーラビリティとコスト効率に優れたオプションとして注目されており、中小規模の企業や開発者向けに最適化されています。中でも、OpenAIが提供するChatGPTとTiDB Cloudを組み合わせて開発した自然言語クエリジェネレータはAIとデータベースを融合したデータベース業界初の最新技術として注目され、AIがユーザーのデータスキーマを理解して自動でクエリを生成、膨大なデータを超高速処理で分析し、リアルタイムで結果を返します。

PingCAPの公式オンライントレーニングは、PingCAPが認定するインストラクターのみが提供することができ、公式のトレーニング教材を使用したコースとなります。各コースでは認定インストラクターが講師を務め、グローバル共通の高品質なトレーニングを提供します。今回提供を開始する公式オンライントレーニングは、「DBAのためのTiDB基礎」と「TiDB Cloud ワークショップ」になり、TiDBの基本的な機能やアーキテクチャに加え、クラスタのデプロイメント、チューニング、運用など、実践的な知識を習得することができます。TiDBの導入や運用に必要なスキルを身につけることができるため、企業や組織にとっても非常に有用なトレーニングとなります。

また、今後提供予定のコースには、TiDBの応用や開発者向けコンテンツが含まれており、幅広いトピックをカバーしたものとなっています。全てのコースはオンラインでの受講となり、地理的制限を受けずに学ぶことができ、またご自身のペースで好きな時に好きな場所で自由に学習を進めることができます。また、「DBAのためのTiDB基礎」のコースを終了した受講者向けに、TiDBの専門知識とスキルを認定する日本語の資格試験の提供も予定しています。

※本ニュースリリースに記載されている会社名・協会名・商品名は、それぞれ各社、各協会の商標または登録商標です。

PingCAPについて

PingCAPは、エンタープライズ向けのソフトウェアサービスプロバイダーとして2015年に設立され、オープンソースでクラウドネイティブなワンストップのデータベースソリューションを提供することにコミットしています。PingCAPの社名は、ネットワークの疎通を確認するために使用されるコマンド「Ping」とCAP定理の「CAP」の2つの単語を組み合わせています。3つのうち2つを選ばなければならないとされるCAP定理のC (Consistency – 一貫性)、A (Availability – 可用性)、P (Partition Tolerance – ネットワーク分断への耐性) ですが、この3つの全てに接続したい (Ping) という思いが込められています。PingCAPの詳細については https://pingcap.co.jp をご覧ください。

本件に関するお問合わせ先 

PingCAP株式会社 広報部 

Email:pingcapjp@pingcap.com