お問い合わせ 今すぐ始める
TiDBCloud_GoogleCloud_MktPlace-scaled

世界中の開発者にリーチ可能へ

PingCAPは、Google Cloud Marketplaceでフルマネージドデータベース・アズ・ア・サービス(DBaaS)であるTiDB Cloudをグローバル規模で提供することをお知らせします。Marketplace上のNewSQL製品として、TiDB Cloudはリーチを拡大し、サブスクリプションベースの提供を通じてGoogle Cloudの顧客にスケーラビリティとレジリエンスを提供します。

RDBなどのレガシーデータベースは、予期できないトラフィックの急増に対応できず、散在するデータサイロから洞察を得ることが非常に困難になっています。急激に変化する現在のデータ業務において、組織は次世代データベースを必要としています。TiDB Cloudは、インフラ管理やクラスタ展開などの複雑なタスクを、トレーニングをほとんど受けていない開発者やデータベース管理者(DBA)でも扱えるようにすることで、レガシーデータベースの実装がもたらす数々のペインポイントに対応します。

Google CloudのMarketplace & ISV Programs担当マネージングディレクターであるDai Vu氏は、次のように述べています。

「クラウドやハイブリッドクラウド戦略を活用する企業が増える中、多くの企業がデータを分析してタイムリーかつ実用的なインサイトを提供しなければならないという課題に直面し続けています。PingCAPが、データライフサイクルの接続、管理、スケールのニーズに対応するソリューションをお客様に提供できることをうれしく思います。」

TiDB CloudがGoogle Cloud Marketplaceで利用可能になったことで、開発者やDBAは、複数のデータセットにまたがる膨大なデータを迅速に分析できるようになりました。あらゆる規模の企業が、TiDB Cloudやその他のクラウドサービスを、Google Cloud Marketplaceを通じて統一された方法でオンデマンドに簡単に導入・管理でき、前払いや契約なしでビジネスの成長への妨げを排除することが可能になります。

また、Google Cloudの安全なファシリティとプライベートネットワークにより、ユーザーはデータを保護するための最高レベルのセキュリティが提供されます。TiDB Cloudは、BigQuery、Dataflow、Dataproc、LookerなどのGoogle Cloudの追加サービスに対応しており、実装を容易にします。

PingCAPの共同創業者およびCTOであるEd Huangは、次のように述べています。

「膨大なデータを扱う負担を軽減し、ビジネスの成長スピードに合わせて十分な情報に基づいた対応を実現するために、開発者やDBAはTiDB Cloudに大きく信頼を置いています。今回のGoogle Cloudとのコラボレーションは、TiDB Cloudの認知度を高め、世界中のより多くの開発者に届けるだけでなく、統一されたインサイト、OLTPスケーラビリティの強化、リアルタイム分析により、顧客が成長の可能性を十分に実現できるようになるでしょう。」

TiDB Cloudのデフォルトの価格モデルはオンデマンドで、ユーザーは利用料金の支払いを月単位で行うことができ、事前のコミットメントは一切必要ありません。Google Cloudユーザーは、Google Cloudアカウントから直接支払い、請求書を一箇所にまとめることができます。また、TiDB Cloudポータルから請求書と使用量を確認することも可能です。

TiDB Cloudの詳細について、また今すぐ使い始めるには、Google Cloud Marketplaceに掲載されているTiDB Cloudをご覧ください。

※ Google Cloud は、Google LLC の商標です。

PingCAPについて

PingCAPは、エンタープライズ向けのソフトウェアサービスプロバイダーとして2015年に設立され、オープンソースでクラウドネイティブなワンストップのデータベースソリューションを提供することにコミットしています。PingCAPの社名は、ネットワークの疎通を確認するために使用されるコマンド「Ping」とCAP定理の「CAP」の2つの単語を組み合わせています。3つのうち2つを選ばなければならないとされるCAP定理のC (Consistency – 一貫性)、A (Availability – 可用性)、P (Partition Tolerance – ネットワーク分断への耐性) ですが、この3つの全てに接続したい (Ping) という思いが込められています。PingCAPの詳細については https://pingcap.co.jp をご覧ください。

本件に関するお問合わせ先 

PingCAP株式会社 広報部 

Email:pingcapjp@pingcap.com