お問い合わせ 今すぐ始める
PR_Gartner_3600x1200

分散型SQLデータベースのリーディングプロバイダーであるPingCAPは、2022年のGartner® Peer Insights™ Voice of the Customer in Cloud Database Management Systemsレポートにおいて、顧客から「Strong Performer」として評価されたことをお知らせします。Gartnerは、クラウドデータベース管理システムを「クラウドストレージ内のデータを管理するプロバイダー管理のパブリックまたはプライベートクラウドソフトウェアシステムを提供するベンダーであり、データはクラウドストレージ層(クラウドオブジェクトストア、分散データストア、その他独自のクラウドストレージ基盤など)に保存され、リレーショナル、非リレーショナル(ドキュメント、キーバリュー、ワイドカラム、グラフ)、地理空間、時系列などの複数のデータモデルやデータ型を使用することができる」と定義しています。

また、2022年3月時点で実際に製品を使用したエンドユーザーの方々からは、カスタマーレビューに基づき、5点満点中4.7点の評価をいただき、94%のエンドユーザーがPingCAPを推薦すると回答しています。

PingCAPのCEOであるMax Liuは次のように述べています。

「今回の2022年Gartner® Peer Insights™ Voice of the CustomerレポートにおいてStrong Performerに選ばれたことは、当社の顧客に対するコミットメントと、当社の製品、サービス、サポートにおける絶え間ない技術革新をさらに促進すると確信しています。レビューと評価は、我々がお客様のニーズに応え、実際のビジネス結果に影響を与えるよう努力し続ける上で、役に立つ情報を提供してくれるでしょう」

PingCAPでは、企業が依然として顧客の期待や要求の高まりに直面し、収益やその他の重要業績評価指標(KPI)を上回るプレッシャーが持続していることを目の当たりにしてきました。このような状況において、リーダーはリアルタイムでデータにアクセスし、十分な情報に基づいた意思決定をビジネスのスピードに合わせて行う必要があります。PingCAPは、高可用性、水平方向の拡張性、強力な一貫性を特徴とする次世代データベースを提供し、オープンソースコミュニティとクラウドユーザーをフルサポートすることで、これらの課題に対応します。

PingCAPが提供するフルマネージドDatabase-as-a-ServiceであるTiDB Cloud(https://docs.pingcap.com/ja/tidbcloud/)は、お客様が最大のパフォーマンスとビジネス継続性を得ながら、ミッションクリティカルなトランザクションとリアルタイム分析ワークロードを単一のフルマネージドデータベース上で実行できるようにするものです。フルマネージドサービス、データインフラコストの削減、複雑なタスクの管理の容易さといったニーズの高まりに対応した、エンタープライズグレードの機能を提供します。

PingCAPのお客様は、TiDB(https://docs.pingcap.com/ja/tidb/stable)を導入することで得られた体験について以下のようにコメントしています。

水平方向のスケーラビリティによるビジネス・アジリティ

「TiDBは優れた製品機能とサービスを提供しています。TiDBの分散アーキテクチャ設計は、水平方向のスケーラビリティを提供します。ノードを追加するだけで、クラスタ処理能力を向上させることができます。また同時に、上位層のアプリケーションの複雑な基盤技術への依存をなくし、エンタープライズデータプラットフォームをより軽量かつ俊敏にすることができます」

小売業・データベース管理者

意思決定のためのリアルタイムインサイト

「ビジネスが急速に発展するにつれ、毎日1億行を超えるデータがアプリケーションに流れ込んできます。TiDBを採用したのは、OLTPとOLAPの両方のワークロードに対応するワンストップのデータウェアハウスであること、リアルタイムのデータ分析をサポートしていること、そしてスケールアウトが容易であることが理由です。2017年から、本番環境でTiDBを使用しています」

ITサービス業・DBA 

ミッションクリティカルなビジネスのための事業継続性

「TiDBの開発者とユーザーの垣根を取り払った、オープンソース精神に基づく素晴らしいインフラソフトウェアです。また、高いスケーラビリティと高可用性を提供し、ハイブリッドシナリオでも優れたパフォーマンスを発揮します。優れた監視ツールとプロフェッショナルなカスタマーサービスが作業をより簡単にしてくれます。」     

    ー金融業、テクニカルアーキテクト  

PingCAPのその他のカスタマーレビューをお読みいただくには、Gartner Peer Insightsのページをご覧ください(リンク先は英語になります)。クラウドネイティブデータベースとTiDB Cloudの詳細については、こちらをご覧ください。          

*Gartner, 「Gartner Peer Insights ‘Voice of the Customer’:Cloud Database Management Systems」、Peer Contributors、2022年5月31日。  

GARTNERは、米国およびその他の国におけるGartner, Inc.およびその関連会社の登録商標およびサービスマーク、PEER INSIGHTSは、商標およびサービスマークであり、本書では許可を得た上で使用しています。すべての著作権はGartnerに帰属します。Gartner Peer Insightsのコンテンツは、プラットフォームに掲載されているベンダーとの体験に基づく個々のエンドユーザーの意見で構成されており、事実の記述として解釈されるべきものではなく、またGartnerまたはその関連会社の見解を示すものではありません。Gartnerは、本コンテンツに掲載されているいかなるベンダー、製品またはサービスも推奨するものではなく、本コンテンツに関して、明示または黙示を問わず、商品性または特定目的への適合性の保証を含め、その正確性や完全性についていかなる保証も行うものではありません。    

ご不明な点などございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。                        

PingCAPについて

PingCAPは、エンタープライズ向けのソフトウェアサービスプロバイダーとして2015年に設立され、オープンソースでクラウドネイティブなワンストップのデータベースソリューションを提供することにコミットしています。PingCAPの社名は、ネットワークの疎通を確認するために使用されるコマンド「Ping」とCAP定理の「CAP」の2つの単語を組み合わせています。3つのうち2つを選ばなければならないとされるCAP定理のC (Consistency – 一貫性)、A (Availability – 可用性)、P (Partition Tolerance – ネットワーク分断への耐性) ですが、この3つの全てに接続したい (Ping) という思いが込められています。PingCAPの詳細については https://pingcap.co.jp をご覧ください。

本件に関するお問合わせ先 

PingCAP株式会社 広報部 

Email:pingcapjp@pingcap.com