お問い合わせ 今すぐ始める
PR_chat2query_3600x1200

PingCAP株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:Eric Han、以下 PingCAP) は、人工知能を研究するOpenAIが開発するChatGPTと、分散SQLデータベースのTiDBを組み合わせて開発した革新的な自然言語クエリジェネレータである「Chat2Query (チャット・ツー・クエリ) 」の提供を開始することをお知らせいたします。

Chat2Queryは、TiDB Cloudに組み込まれており、TiDB Cloud Serverless Tierにサインインして使用することができます。TiDB Cloudのブラウザ上でウィンドウに質問を入力すると、Chat2Queryが強力なSQLクエリを生成して、必要な情報を取得します。Chat2Queryは、業界をリードするOpenAIのChatGPTで使用している自然言語処理モデルである「GPT3」と、オンライントランザクションとオンライン分析機能を同じデータベースでサポートする分散型HTAPデータベースのTiDBの技術が用いられています。そのため、Chat2Queryは非常に複雑なクエリを処理でき、動的なデータセットにリアルタイムの分析を提供することができます。

Chat2Queryの使用例:

  • 複雑なSQLクエリを瞬時に生成する
  • TiDBのMySQL互換性を迅速に検証する
  • TiDBのSQL機能を簡単に検索する

TiDB Cloud Serverless Tierは、TiDBのフルマネージドサービスです。プロトタイプアプリケーション、ハッカソン、研究関連などの非商用向け、またはデータセットのための一時的なデータサービスを提供することが可能です。クレジットカードの登録などが不要で、フォームに情報を入力するとすぐに使用を開始することができます。TiDBの提供するHTAPの全機能を利用することができ、本番環境前の検証用途として使用することができます。

※本ニュースリリースに記載されている会社名・協会名・商品名は、それぞれ各社、各協会の商標または登録商標です。

PingCAPについて

PingCAPは、エンタープライズ向けのソフトウェアサービスプロバイダーとして2015年に設立され、オープンソースでクラウドネイティブなワンストップのデータベースソリューションを提供することにコミットしています。PingCAPの社名は、ネットワークの疎通を確認するために使用されるコマンド「Ping」とCAP定理の「CAP」の2つの単語を組み合わせています。3つのうち2つを選ばなければならないとされるCAP定理のC (Consistency – 一貫性)、A (Availability – 可用性)、P (Partition Tolerance – ネットワーク分断への耐性) ですが、この3つの全てに接続したい (Ping) という思いが込められています。PingCAPの詳細については https://pingcap.co.jp をご覧ください。

本件に関するお問合わせ先 

PingCAP株式会社 広報部 

Email:pingcapjp@pingcap.com