PingCAP、人と技術のターミナル「Developers Summit 2024」に協賛

PingCAP株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:Eric Han、以下 PingCAP) は、2024年2月15日〜16日の2日間に渡って開催されるデベロッパーのための祭典「Developers Summit 2024」に協賛します。4年ぶりに対面での開催となる今回のイベントは、”人と技術のターミナル”をテーマに、人と人、技術と技術、そして人と技術が交流し、相互作用することで生まれる新しい価値とそれによって切り拓かれる可能性を願い、ベルサール羽田空港で開催されます。

[開催概要]

名称 Developers Summit 2024 (デブサミ) 

日時 :2024年2月15日(木) 〜 16日(金) ※両日ともに10:00~ セッション開始予定

会場 :ベルサール羽田空港  (東京都大田区羽田空港2-7-1 羽田エアポートガーデン 1階)

主催 :株式会社翔泳社 CodeZine編集部

参加費 :無料 (事前登録制)

URL https://event.shoeisha.jp/devsumi/20240215

 

[展示内容]

TiDBは、従来のリレーショナルデータベースと同様にSQLを使用してデータにアクセスすることができ、分散型のアーキテクチャにより水平方向の拡張性、強力な一貫性、MySQL互換、高い可用性、HTAP、クラウドネイティブを特徴としています。イベント会期中、ぜひPingCAPの展示ブースにお立ち寄りください。

 

[セッション概要]

日時:2024年2月15日(木) 14:30-15:00

セッション枠:15-B-6

セッション名:【イオンスマートテクノロジー】マイクロサービス導入により生まれた組織課題に対するソリューションとしてのTiDB

イオンスマートテクノロジー株式会社 CTO室SREチームリーダー 香西俊幸 氏

マイクロサービスアーキテクチャを採用してみたものの、トランザクション管理や組織設計に課題があり、開発や運用に苦労する状況に陥っている組織も多いのではないでしょうか?弊社もそんな苦労や課題を抱えています。TiDBは水平方向のスケーラビリティ、強力な一貫性、高可用性、HTAPなどに強みを持っていますが、こういった組織課題に対するアプローチとしても有用なのでは?という観点でもTiDB導入を検討しているイオングループの現状と目指す未来についてお話しします。

※国内流通2強の一角であるイオングループは、約2万店舗、カード会員数約4,824万人、売上高約9兆1,168億円 (2023年3月現在) と圧倒的な規模を誇る大手流通企業です。従業員約57万人300社以上の企業で構成されたこの巨大なグループのDX推進プロジェクトを牽引するのがイオンスマートテクノロジー株式会社です。

[登壇企業]